大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

行政書士辻雅清のご挨拶

1.行政書士 辻 雅清のご挨拶

お忙しい中、当ホームページへお越し頂き、ありがとうございます。
はじめまして
大阪府大東市の行政書士 辻 雅清と申します。
当事務所では、大阪でのパスポート申請代行を始め、様々な申請業務を行っております。
当ページから始まる皆様とのご縁を、大切に育てたいと思い、日々努力しております。

携帯電話やタブレット端末でご覧の場合、改行等読みにくい点がございますが、
ご容赦くださいますようお願い申しあげます。

『仕事の関係でパスポートセンターまで行けない』
『家事や育児に忙しくて、大阪市内まで行けない』

こういったお悩みを抱えているご依頼者様に対して、
迅速かつ丁寧に、私が大阪でのパスポート申請代行をさせて頂きます。

行政書士として、ご依頼者様の、
素敵な海外旅行のスタートをサポート出来れば幸いです。

仕切り線1

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

2.大阪でのパスポート申請代行とは?

大阪府パスポートセンター本所の受付日時(地下鉄谷町4丁目)

◇ 申請時間 平日(月~金) 9時15分~16時30分
◇ 受取時間 平日(月~金) 9時15分~19時
       日曜日     9時15分~17時 

パスポートを取得する為には、
申請と受取の計2回、大阪市内にあるパスポートセンターへ足を運ぶ必要があります。

受付日時を見て頂ければ分かりますが、
申請と受取では、パスポートセンター窓口の対応日時が異なります。

『受取は行けるけど、申請は時間的に厳しい・・・』
『平日の日中に大阪市内まで行くのは難しい・・・』

こういったお悩みを抱えている方が多く、
この問題を解決する為に生まれたのが、パスポートの代行申請です。

具体的には、第3者をあなたの代理人として立てて、
パスポートセンターへ代わりに足を運んでもらって、申請をしてもらいます。
(当事務所では、代理人となって申請をさせて頂きます。)

尚、代理人を立てれるのは申請のみとなりますので、
受取は必ずご本人が、パスポートセンターへ足を運ぶ必要があります。
(ご両親や配偶者の方でも、受取の代理人になることは出来ません。)

仕切り線1

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

3.当事務所にご依頼頂ける方

お申込み出来るのは、下記①~③内、どれか1つに該当する方となります。

A 日本国籍を有し、大阪府内に住民登録している20歳以上の方
B パスポートの取得が初めての方
C 過去にパスポートを取得したが、有効期間が切れている方
D 有効期間1年未満のパスポートを持っている方(切替申請)

①AとBに該当の方  ②AとCに該当の方  ③AとDに該当の方

当事務所が行う、大阪でのパスポート申請代行(代理)は、
大阪府内に住民登録されている方(20歳以上)を対象としており、
提出先は大阪府パスポートセンター(地下鉄谷町4丁目)となります。

他府県に住民登録されている方については、
パスポート申請代行(代理)は対応致しかねますのでご了承下さい。

申請の流れについてはこちらをご覧下さい。 → 申請の流れ

仕切り線1

当事務所の特徴

安心・安全をお約束致します。
免許証等の必要書類は、直接お会いしてお預かり致します。

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

パスポートの申請には、本人確認書類(免許証等)や戸籍謄本が必要となり、
代行申請の場合、これらの必要書類を最低でも1日はお預かりする必要があります。
(必要書類は全て原本が必要なので、コピーの利用は出来ません。)
必要書類についてはこちらをご覧下さい。 → 必要書類

必要書類の受渡方法としては、郵送を用いる方もいらっしゃいますが、
当事務所では、ご依頼者様の指定された場所まで、直接出向いてお預かりします。
これまでに、大阪府内のご自宅・最寄駅・勤務先・工事現場等に出向いた経験があります。

郵送を利用する場合、1度も会ったことのない行政書士に対して、
免許証等の必要書類をポストに入れて送ることになるので、抵抗を持たれる方が多いです。

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

パスポート申請書や必要書類の受渡時間は、
ご依頼者様の希望される時間帯(早朝~夜間)に調整させて頂きます。

社会人のご依頼者様が多い為、
出勤前にお預かりして、そのまま代行申請を行い、
帰宅時間帯に必要書類等をお返しするケースがしばしばあります。
(この場合は、朝と夜の計2回お会いすることになります。)

タイミングが合えば、帰宅時間帯ではなく、
お昼休みにお返しすることも可能なので、お気軽にご相談下さい。 → お問合わせ

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

パスポート申請書を見て頂ければ分かりますが、
馴染みがない為、しばしば記入ミスが起きることがあります。

パスポート申請書には、訂正出来る箇所と出来ない箇所があり、
訂正できない箇所を間違えた場合は、もう1度最初から書き直しとなります。

当事務所では、この書き直しという負担を軽減する為、
パスポート申請書をお送りする際に、記載例も同封させて頂いております。
この記載例はご依頼者様オリジナルの内容となっておりますので、ご好評を頂いております。

仕切り線1

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい

4.パスポート申請代行に係る料金

当事務所報酬 10,800円(税込)+実費+証紙代

※ 当事務所報酬には交通費も含んでおります。
※ 実費とは主に戸籍謄本代+写真代となります。
※ 証紙代とはパスポートの受取時に納める手数料であり、
  代行申請の有無に関わらず必ず支払わないといけません。
  (申請時には不要なため、当事務所ではお預かり致しません。)
  5年用パスポート 11,000円  10年用パスポート 16,000円
※ 証紙はパスポートセンター内で購入が出来ます。

仕切り線1

大阪でのパスポート申請代行はお任せ下さい